FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

『今回のメンバー』でゲームをする時

2018/01/23 23:03

ポコちゃんと女子6人制の練習に参加した
他2チームに声を掛けて練習試合形式になっている

    2017-12-05 2
    ※画像は別の日の様子です

本日参加の6人でチームもどき
一緒にプレーをした事は有るが初めての組み併せ
ローテーションで前衛のメンバーでポジショニングする
ポコちゃんとネコがセンター対角でトスを上げる役目
レフトとライトのアタッカーも配置する
そうすると前衛はレフト・ライト・セッターになる
ポジションチェンジをすれば動きは同じ
ところがチェンジにてこずったりする
動きを確認する事に夢中でボールに集中出来ない
…結果は自滅
ミスばかりでバレーボールの形にならない

1セットを消化した所でポコちゃんが言う
「次はどうする?!」
『もう少しバレーボールをしないとねぇ』
セッターの時に殆どボールが来なかったのだ
チャンスボールさえセッターに返らない事もある
それでも二人で対角を組むしかない

ネコはポコちゃんへ
ポコちゃんはネコへ
トスが上がる様に頑張ってレシーブする事を確認

元々セッターではないポコちゃんとネコ
出来れば優しいパスが欲しい
高く上がり過ぎたり強い横回転がかかっているのは厳しい
でもアタッカーにツケを回す訳にはいかない
色々なボールに対応してどうにか繋ぐ

そんな中で
ネコが良いトスを上げねばならない場面が来た
無回転で高く上がり過ぎたボールだが丁度良くネット際
落ちて来るのを待つ間に変な声が出ていた
「ぅい~ひゃぁ」
天井に近いくらい高い所から落ちて来る
そういうボールには勢いが有る
その強さを緩和して打ち易くしなければならない
そんな技術が有れば変な声は出ない

先ずは飛びつかない様に意識する
でも高さが足りない中途半端なトスになってしまった

ところが…
体育館にいるネコ以外の人が笑いをこらえている
吹き出してしまった人もいる
どうにか打ったアタックは決まったが奇声のせいか知れない
自分でも可笑しくてしょうがない

最近はそういう楽しみ方も良いと思う♪



    
関連記事
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashlyn05.jp/tb.php/1054-2b3d70b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


スポンサー広告


Amazon


ツィッターのお友達


楽天


ページランキング

カスタムCSS