FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

バレーボールの試合での集中力

2014/11/04 18:00

11月には葛飾区ママさんバレーの秋の大会が有る
ランクにより8部に別れている
部ごとの対戦になるので実力が同じ位で相手チームの事も良く知っている
同じチームと対戦しても内容が大きく違う事がある
何が違うのか考えてみた

メンバーは9人しか居ないのでいつものメンバー
練習により突然上手になったりいきなり下手になったりはしない
選手は一生懸命やってるし頑張りたいと思っている

優勢の時は…
練習通りのサーブが打てたり
お見合いもせずに動いてレシーブしたりトスを上げる
難しいトスでもミスせずにつなぎしっかりと得点に結びつける

劣勢の時は…
サーブが思い切り打てずミス
難しくないボールが繋がらない
しっかりミート出来ず中々得点出来ない

自分のプレーを当てはめてみると
その違いは集中出来るか出来ていないか
本人が意識していなくてもきっと余計な事を考えているのだろう
上手く出来なかったらどうしよう
ミスをしたくない
周りのプレーがもっとこんな風だったらいいのに

このマイナスの感情に嵌ってしまうと負のループ入り込んでしまう
その結果プレーに集中出来なくなる
プレーに集中するより立て直したいと云う漠然とした事に力を注ぐ
その負のループから抜け出したいけど方法が分からない
頑張る気持ちはある…では具体的に何に?
そこで昔教えて貰った事を思い出した


      2014-05-26 緑赤


『サーブカットをする時はボールの何処を見てる?』
漠然と見ているので何処を見ているか答えられなかった
『ボールの下側のを見る』
結構落ち着いて自分のタイミングでレシーブ出来た

『アタックをレシーブする時は何処を見てる?』
何処も意識せず打たれるのを待ってる感じ
『打ってくるアタッカーの目を見る』
此方のコースに打って来るかもと云う予測が出来た

この様に意識する範囲を絞る事で集中し易くなると思う
アタックとブロックはボールの上側の面を見るとか

バレーボールのプレーに集中する為の一つの方法として
試してみる価値があると思う

仲間と一緒に気持ち良くバレーボールを楽しもうね

(*´▽`*)

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

バレーボール -実践編- トス

2014/08/17 18:00

オーバーパスとトスの違いは入射と反射の角度だと思う
自分前方から飛んできたボールを前方に返すのがパス
自分の側方から来たボールを前方や後方に上げるのがトス

基本は同じだが より一層高度な技術が必要な難しいプレーだと思う


DSC_0236.jpg
   ※マークがポールにタッチするポイント

A⇒顎が上がり肘が下がっている
  体の軸からポイントが外れているので腕の力だけしか使えない
  ボールをコントロールし難く勢いついてしまう


B⇒上目遣いでボールを見ているので顎がしまっていて肘が上がっている
  体の軸の延長線上にポイントが有るので体全体の力が使える
  ボールのコントロールがし易く柔らかいトスが上がる



DSC_0237.jpg
  ※マークがボールにタッチするポイント

C⇒胸を反らしているので両足で踏ん張っている
  ポイントの位置を変える事で距離を調節するのでコントロールが難しい


D⇒軸足にしっかり乗って腰の位置が前に来ている
  体の軸の角度を変える事でコントロールするので調整しやすい



DSC_0238.jpg

E⇒ボールを引き寄せていないので 体の軸がずれている
  体の力が使えず腕だけでコントロールし難い


F⇒ボールを引き付け体の軸を崩さないポイントで捉えている
  アタッカーとネットとアンテナの位置が把握し易く体の力が使えるので微調整出来る


9人制ではセッター以外にアタッカーやハーフセンターが2段トスを上げる事もある
技術を向上させてしっかりと攻撃結びつく様なプレーが出来たら良いなぁと思う





にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

バレーボール -実践編- メンタル

2014/08/13 18:00

30代の頃は週に4日~5日バレーボールをした時期が有った
その頃に一番お世話になって色々な事を教えてくれたのが節子サン♪
そして知らなかった事を気付かせてくれた須永コーチ
コーチが紹介してくれた本を読んで…
成程~(≧▽≦)


頑張れだけでは上達しないって書いてある
そりゃそうだ!!!!
選手が一番頑張ろうと思ってるのだぁ
選手としては>何を頑張れば良いのか
を知りたい

DSC_0229.jpg


この図はバレーボール以外のスポーツの実験結果の資料だがバレーボールでも当てはまると思う

バレーボールに置き換えてみると…
   S⇒従来の指導法
上手くやれた時はナイス
出来なかった時はちゃんとやれ

   B⇒行動理論に基づく練習方法
どこがなぜ悪いのかを説明する
なぜ良いのかを説明して正しい動きを見せる


同じプレーヤーでもこれ程の差が出る

一人一人体力も筋力も違う

では自分はどのようにしたら良いのか教わり そして理解出来たら
少なくとも今までと違うプレーが出来るとイメージ出来るのでは…
そして
イメージが出来たら試してみたくなり
今までと違う発見でモチベーションアップ(≧▽≦)だと思う


バレーボールに当てはめた詳しい内容は今後少しずつ(*^。^*)


↓↓↓ ぽちして頂けると嬉しいです(=^・^=)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ママさんバレーへ
にほんブログ村



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

ママさんバレー -実践編- サーブ順

2014/05/19 17:30

春季大会に向けてサーブ順を見直すことにした


2014サーブ順の根拠


1番から9番までを3つのグループに分けて序盤・中盤・終盤を戦う

これを基にして考えたサーブ順

2014 春季大会サーブ順

良いゲームが出来ますように


↓↓↓ポチしてくれるとうれしいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告


Amazon


ツィッターのお友達


楽天


ページランキング

カスタムCSS